統合とアセンションの4コマ漫画。宇宙開国しようぜ!

宇宙意識の日常

統合

夏至超 講演

投稿日:2020年6月30日 更新日:

 

 

 

・・・・・・・・・

 

・水の能力

水を入れたボトルに聖母マリアのイメージを30秒ほどかさねるだけで水の結晶・分子構造が非常にきれいな形になる。

共振官の原理で肉体70%の水に話す言葉一つ一つが共振している。

(発言だけでなく思う事も同じなのかもしれない)

人生を変えたければまず言葉(毎秒思っている言葉・内容)を変えること。調和、調和、調和…などといい感じの言葉を心がこもっていなくてもいいから唱えているだけでも身体の水に共振が起こり、とてつもなくポジティブな影響がある。

 

・目を醒ますのは簡単だ。夏至以降、簡単だと捉える人が増えた。

 

「楽しくイキイキと幸せに生きるというあり方を自分のものにする」こと、

不安や心配などを完全に手放しているのでそういうのが全くなく、何の心配もなく、絶対的な安心感、絶対的な信頼感のもと「絶対すべてはいい感じになる」「ホント、生きるって幸せで楽しいことなんだ」と思いながら生きること

未来を考えた時に「何か分からないけどいい感じになっている気がする、全部いいようにうまく流れていく気がする、楽しみだ」と希望を感じる、

これが確実に自分のものになった時、あなたは「目を醒ましている」といえる。何かのマスターと交信するとかではない。

 

「常に自分が気分良くいられているかどうか」をチェックすること。

それは「自分に繋がっている状態」。それ以外は自分からズレている状態である。

 

・8月半ばまですごいエネルギーの高まりを全人類が経験する、9月半ばに全人類がバコーンと分かれる。これを聞いて「えっ楽しみ」と思えるなら目を醒ましている。ズレたとしても大丈夫、また戻ればいい。

 

 

 

・「目醒め続ける」「目を醒まし続ける」ということ。「目醒めた」という完了形は存在せず、「目醒め続ける」というスタンス。

「目醒める」ではなく「目を醒ましていっている」「目を醒ましていき続ける」と決めること。

・以前は引っかかっていたことが「どうでもいいや」と感じ、こだわりがなくなってきて意識の余裕と軽やかさが出た時、自分が変わっている=目を醒ましているということ。

 

・家でも会社でも目醒めとかを躊躇なく発言できるかどうか。社長に「目醒めはどうですか?」と平然と聞けるくらいになるべきである。「会社では常識人」など顔を使い分けていると自分の中で分離が起っているのであぶないよ。

 

・眠りの巨大涅槃像を手放すワーク

・自分だけ目醒める罪悪感を手放すワーク

 

 

・身体にチップを入れる社会的な流れではある。しかしチップとか入れなくても、目を醒まし波動を上げていくことで、自分の意識だけで超進化することができる。

超進化していくと様々な才能、能力、資質のフタをパコンパコン開けていくことになる。昨日できなかったことが急に今日できるようになったり、今できないことが明日できるようになったりする。超楽しい。

・ふぁい無事ーも然り。その影響を全く受けないところまで波動を上げていこうぜみんな、ということで集合意識が同意して起こしている現実。波動が高ければそういう影響下からまったく外れてしまう。

 

 

・「あれは龍のような気がする」「私は前世何々だったような気がするんです」と自分で思ったのなら、それは本当にそう。他の人に確認する必要はない。自分の感覚、自分が思ったんだからそう。間違っていない。

・変なよくない感じの領域に繋がってしまうのでは、そういう事態にはならない。なぜならヤバいところに繋がった場合はものすごいヤバい感じがするから。20年前と違い今この時期地球も軽くなっているので安心していい。

 

・これから「あなたは何者であるのかを思い出す」「なんでこの地球に来たのか」「何のために生まれて来たのか」を思い出すプロセスに入っていく。

 

・「癒しが使命のような気がする」ならそう。

誰かに確認する必要はない、本当にそう。

深く考える必要もない、とにかく何でもいいから癒しをやる。もし方向が違っていたら何か起る。統合する。また直感をやる。そうやって自分の使命に一致していく。

だからもう何でもいいので初めてしまえばいい。

 

・迷うな。今はスピード命。頭で考えたり迷ったりしている時間はない。

ちょっとでもこれだと思ったらすぐに動く、やる、行く。

躊躇しない。9月半ばまでに早くやること。

 

・「これから全く違う人生」として勇気をもって飛び込むこと。これは正直勇気がいるし簡単なことではないが、必要。何かあったらそれを統合して進む。統合せず絶望感にいつまでも浸っているのはNG。そもそも絶望という周波数を持っていなければ何も起きずに良い流れに乗り続けるはず。

 

・もし「できない」を起こしたら「えーできないなんて最高ウケる~」と言って外すだけ。

・あなたは他の人にすごいねと言ってもらうために生きているのではない。自分を表現して自分の物語を生きる、創るために生きている。

・これからは前に出ていく時代、自分を表現する時代。YoutubeでもSNSでも色々な媒体で自分を表現すること。自己顕示欲ではなく自分軸に一致して自分という存在をただ顕していくこと。

 

・気温差、これは人類が自分軸ブレブレだから存在する。進んだ文明では軸がブレていないので常に20度くらいに一定している。2028年以降、気温差が少なくなり、気候や社会の変動などもピタっとなくなり「え?天国?」という状態になる。

・東京に出た彩雲、これはシャスタなど磁場が高いところに出るもの。それが東京に出るなんて磁場がいい方向に変わっているということ。

 

・「イヤなものだから手放す」のではなく「自分のものじゃないから手放して地球に返す」が統合。

 

・あなたらしく自由にいればいい。好きなようにギャグを言ってみたり。それで誰も笑ってくれなくても別に関係ないわけでしょ。

・どう思われるか、人からの評価なんか一切気にならない。誰にも評価されなくても「私には100価値がある」と自分で評価して自分で分かっているから外からの評価は必要ない。人間はその時のたまたまの気分によって言うことが変わるものなので、人からの評価ほどアテにならないモノはない。コメント欄で気がめいるなら「そういうのしっかりやらないといけないから」ではなく心地よくないならコメント欄なんか閉じればいい。

 

 

8月31日までに持っているもの、情報、食べるものを断シャリすること。

惰性でやっていた行動、言葉、体験を思い切って変えること。「生き方を変える」というのはそういうこと。

どういう人生、人たち、仕事、生き方にしたいのかを明確に決めること。

 

 

・プライドを外すワーク

(確かに翌朝変わっているのを感じた。これまでだったら許せない組み合わせの服を着てしまったけど「まあいいや別に」とこだわらなくなっていたし、職場で変なくしゃみをしてしまった時も何とも思わなかった。)

 

・9月以降の自分とロープで繋がるワーク

腰に巻いた光のロープを常に意識すること。そうすると今必要な情報が本当にダウンロードされてくる。信頼して、後は楽しくいること。

あなたはもう目醒めることを決めているので、すべての現実はあなたが目醒めに使うためだけに作り出している。ムダなものはひとつもないので、すべてを統合に使うこと。

 

・・・・・・・・・

 

 

今日からやること

・想いの言葉に気をつける。

・腰のロープを意識する。

・水を飲むときに「この水にはアスコルビン酸もビックリの強烈な抗酸化作用があり、飲むほどにビシビシと音を立てて身体が25歳へと若返っていく。25歳まで到達したらさらに24歳へ進む」と意図する。

・「今、楽しいか?」を確認し、そうでもなければ楽しいことリストを端から実施して常に気分を上げ続ける。

・クリスタルボディに光を流し続けるやつを7月末まで続ける。

・持ち物、情報をさらに断シャリする。

・7月中に食べたいものリストを食べまくる。

カメの背中に樹木を植える。 →責任持って最後まで飼育する自信がないのでカメを買う段階でd踏み切れず。

鹿児島あたりの石炭期のような巨大シダ植物の林に行く。 →九州って毎年この時期毎年台風らしいので来年の春に行くことにする。

 

 

 

cloy
確かに夏至で人生リセットした感があり、この先良くなるという希望しかないですね。わーい。

 

-統合

Copyright© 宇宙意識の日常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.