統合とアセンションの4コマ漫画。宇宙開国しようぜ!

宇宙意識の日常

統合 4コマ漫画

思ったことをそのまま言うスタンス

投稿日:2019年10月22日 更新日:

 

おもしろいことに、私の周りには面白い人ばかりいます。というか面白い人としかコンタクトをとらないため、面白い人オンリーになっていくのです。時とともに水分が飛んで煮詰まったエキスのような人脈です。

 

職場では入社初日から理事長クラスに対してもブチかまし続けていたため、現在はもう「いちいちボケてくる人」「積極的に変なことを発言する人」という地位を築くことができ、生きやすいです。

 

職場や日常生活でも常に「1発言1ボケ」を信条に、「いかにこの返しにボケを入れ込むか?」というようなことしか考えていないのです。しかもボケといっても微妙なラインで、相手の気持ち込みで例をあげると

 

「初めてポウターを見た時くらい目がすべりました」
ポウターって何?)

「態度がもう群生相なんですよ」
群生相って何?)

「ちょっと唐車呼んで下さい。帰ります」
からぐるまって何?)

「PCの座高上げすぎて昔の出雲大社本殿みたいになってるんですよ」
昔の?)

「結構待つ?じゃあクリケットしてるんであと5日大丈夫です」
(何で5日?)

 

というように相手の博識前提でマイワールドを展開するため一瞬理解不能なものが多く、「意味不明」「ボキャブラリーが独特でついていけない」「ググっても理解できない」「(そんな発言が出てくるなんて)普段何してんの?と好評です。同じ職場にこんなヤツがいたら私なら普通に面倒だと思います。

 

しかし、幸いにして周囲のみなさんはどんな発言にも笑ってくれますし、初対面の人にボケてもたいてい良い反応をしてくれます。

そういえばこれまで飛行機やライブ、祝賀会や講演会で隣になった人はたいていボケに乗ってくれる面白い人だったし、どこにホームステイに行ってもハウスメイトが、ツアーに乗ればコンダクターの方が必ずとんでもなくギャクセンの高い人でした。おもろい運に恵まれてありがたいものです。

 

とはいえ、たとえ相手がノーリアクションだったとしても私はボケ続けます。初対面の人にボケると相手が苦笑してしまうこともありますが気にしません。

「自分が思った言いたいことを飲み込まずに言う」ということは「自分に一致する」ための訓練でもあると思います。相手がどう思うかは相手が決めることで、私は私の気持ちに集中すべきなのです。(統合のスタンス)

 

 

ちなみに、個人的には以下のような返しをしてくる人が現れないかとかれこれ10年くらいずっと楽しみにしています。

模範解答例

「初めてポウターを見た時くらい目がすべりました」
「私も初めてタチヨタカを見た時くらい困惑しています」

 

「態度がもう群生相なんですよ」
我パズズ、ハンビの息子。」

 

「ちょっと唐車呼んで下さい。帰ります」
「すみません唐車は摂政レベルのお客さま専用となっておりまして…お客さまには空飛ぶ米俵のほうご用意させて頂きました」

 

「PCの座高上げすぎて昔の出雲大社本殿みたいになってるんですよ」
「確かにブルジュ・ハリファくらい雲の上に出ちゃってますもんね」

 

「結構待つ?じゃあクリケットしてるんであと5日大丈夫です。」
「後の宇宙クリケット大戦争である。」

 

あとパートナーデジモンも20年くらい待ってますし、「実際リアルにポケモンの世界で旅に出るとしたら手持ちの6匹を誰にするか?」という大問題も20年考えています。「デジモン・ポケモン」あたりのたのしい時期で心の成長が止まっているのです。

そろそろパートナーデジモンくらいは実現してもよいのではないかと思います。

 

おわり

cloy
特にオチはないんだ。

 

-統合, 4コマ漫画

Copyright© 宇宙意識の日常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.