統合とアセンションの4コマ漫画。宇宙開国しようぜ!

宇宙意識の日常

雑記

キャンバス!

投稿日:

 

 

 

 

 

「なぁ 人類」

 

人類を客観視するこの言葉いいですね!

けどまだ自分の立ち位置が地球地表人類で、地表人類の自分が同じ地表人類に警鐘を鳴らしてる的な歌詞のようです。

 

進んだ文明の立ち位置からクリアな視点で書いた涼しい歌詞の曲ないかなあ。

 

・・・・・・・・・

 

 

「キャンバスに何か描く」ということを一回やってみたいナ〜と思ったのでその場で画材屋さんに直行。

場所がマイナーすぎてたどり着かなかったものの今日はウソのように晴れてアニメのような入道雲の景色の異世界のような地域をウロウロして夢かなと思いました。

取り急ぎキャンバスを大量にポチり(予算度外視するチャレンジ)、

明日届くものの今日描きたいので百均で画材を爆買いし、ひとつ描いてみることができました。yheyyyy this is my very first piece!!!

一瞬でも気を抜くと

お金がかかる・お金が減っていく一方・・・

描いてどうするんだ・なんにもならない・煩雑・・

というエゴの声が聞こえますが

ご協力どうもありがとう!という感じでその思いを乗り越えるようにしております。

 

・「わーいタノシ〜!」という経験(体感)をすることが生きているということ。今気持ちを変えるだけでもそれはできるし、お金でもなんでも使って場を作ればもっと体感できる

・今日の夜死ぬとしたらそれやる?やらない?

・一億持ってたらどうする?

・それタダだったらどうする?

・月収500万だったらそれ買う?

・ハイ出た今のレベルの「お金のブロック外せるチャンス」!

・この世界は一時期ログインしている自分が作ったVRゲームでありお金とかマリオコインのようなものでこのゲーム内でしか使えない

・このVRゲームはログアウトしたら終わってしまう

・そもそもこのゲームのプログラム側なんだからなんとでもプログラム書ける

 

 

翌日は昨日発見できなかった画材屋さんに行けてそこのアーティスティックマダムから絵の世界・素人の展示会やこの田舎でも絵画教室があることなどを新鮮に聞きながら筆とキャンバスを買いました。

拙者見た目だけはアーティスト感あるのでマダムはてっきり絵描きだと認識してくれてまさか昨日の今日思い立って初めてキャンバスなるものを買おうとしている人間とは思ってない感じが面白かったです。

しかしキャンバスというものはすごいですね!紙とは全く違います。まず立体感がある。そしてそれを買ったり手に持ってたり家に積んであったりするだけでアーティスト感がすごい!!!

画材屋の帰りにアートギャラリーにも寄って

応募さえすればここに自分の絵が飾られるってことになるなんて知りもしなかったな〜と思いました。

 

話を聞いてやはり写実というよりは抽象画がいいな、見えてる風景をまたなぞったって息詰まり感がすごいし。だから風景画とか嫌いだったのかということが明らかになりました。あと展示会とか品評とかデッサンから習うとかはかなり息詰まるので違うな。その部分がイヤで絵画というものから目を背けていたんだなあ。

 

注文したキャンバズが大量に届いて開封したらアトリエ感を感じて嬉しい!カッコイイナ〜!アトリエなるもの持てたらテン上げすぎる!

よくわからないのでとりあえず色々なサイズや円形のものも頼んでみました。とりあえず10枚くらい気負いせず描いてみたいと思います。でも絶対にキャンバスや絵の具をケチってしまいます。なぜか根強い貧乏マインドをこのチャレンジで抜けますぞ!!!

 

 

今がどうとか三次元の風景がどうとかは過去の思考の現象化だから今とこれからには関係ない。今、マインドをとりあえず月収50万にする。

自分で自分を洗脳する。空想の方を現実とする。それがこのゲームの攻略法らしい。

勘違いゲーム。勘違いを信じきる、錯覚を誤解する。

そもそも95%のほうがメインストリームなんだから現象化したモノのほうが誤解錯覚。

自分で自分を洗脳しきる。信じ、そして知る。

 

 

5%の錯覚のほうではなく95%のほうに目を向けよう。そこを見る。視点をそこに固定する。

それが今回視力に関する名前にした理由のひとつだ。間違いなく。

 

 

とりあえす寝ても覚めてもエイブラハムの文章を読んで脳に浸透させよう、そして理想状態の人物として体感し考え振る舞う。

この先2038年くらいまでは多分生きてる予定なので「今日の夜死ぬ」という生き急ぎスタンスが弱まってしまっていましたがまた復活しましょう!

 

 

 

ps

一回ハイブランドの服なるものを着てその違いを感じてみたいナ〜!ユニクロとなにか違うのでしょうか!

 

 

-雑記

Copyright© 宇宙意識の日常 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.