統合とアセンションの4コマ漫画。宇宙開国しようぜ!

宇宙意識の日常

雑記

2021冬至翌日の記録

投稿日:2021年12月23日 更新日:

 

 

 

 

 

以下記録

 

22日は講演が終わってその後はノープランだったのですが自分の心に問いながらそのまま東京にいることを決定。

 

 

・漫喫とかいう天国

せっかくなので神奈川県に進出し大船を攻略。漫画喫茶に泊まるということを一回やってみたかったので実施。しかもちょうど漫喫会員カードを持っている。

個室すごい超かいてき。毛布フリー、シャワー使い放題フリードリンク、電源とwifiもありでなんですかこの天国空間は。すごい。恵まれすぎている!と個室に入ってしばらく非常に感動していた。

ヘタにホテルに泊まるよりもわざわざ洗燥したり着替えたりせず着の身着のまま寝るだけ、というスタイルがシンプルで開放された新しい感じがして非常に爽快感があった。

この日も友人とずっと面白いチャットをしていて「ああ~たのしいナ~、ず~っとたのしいナ~~!」と思った。

 

 

 

・「食事」からの開放

食事らしい食事をとる必要もないので一日3回の食事の時間から開放されて自由だし可処分時間が長く快適。

食事は常にチビチビと水を飲んでいるのと歩きながらとかちょっとした待ち時間にミニトマト(天然小包装)とかオクラ(天然小包装スティック)とか温州みかん(小包装水分)とかをモグモグするだけで済む。よりしっかりとしたフードが必要ならナチュラルチーズ(小包装のものもあり)をモグモグするだけ。

綺麗なトイレがどこにでもあるのでいつでも歯磨きできるし最高。日本本当に最高。

 

 

 

23日

納得いく時間に自然に目が覚めて最高のスタート。

会計のときレジのバイト大学生さんがすごいもう誠実で素直さがにじみ出ているいい感じで「なんていい人なんだ。。。こんないい人が存在しているこの地この世界最高若者に幸あれ!キミの人生にいいことがたくさんありますように!」と感謝でいっぱいになり流涙。

 

最初から涙腺緩いタイプだったすが感動ポイントがよりいっそう増した。講演会で「ハートが開いてくるとなみだもろくなる」というような話があったので涙を出すことに自分でストップかけないで流すだけ流すように心がけることを始めたからでしょうな。

 

外はかなりさわやか。朝の大船を少しウロウロしてから気分で熱海という所に行ってみることに。

海沿いを走る車窓を見て海が広くキラキラしている映像を目撃。このキラキラを拡大してプラチナフィールドのイメージに使っていこう。

袴のようなアンダーを着ている乗客のお兄さんを見てカッコよかったので自分も漢服の袴を普段着にしていこうと思った。

 

熱海を少しウロウロした後、晴れてそう、冬も暖かそうで今後住んでみたいなと思っていた静岡という地に進撃。

 

静岡駅を出て昨夜友達とラーメンの話をしていたことから豚骨背油ラーメンやさんに突撃、店に普段来ないような種類の人間に見えたのか店員さんお客さん全員からまさに好奇の目という感じで視線があったがそんなときも「ワタシは宇宙人であることを思い出せ、この舞台は作ったVRだしキャラクターはNPCだし、ここで外向きの意識を使ってしまうのかどうか?というテストを自分で自分にしているんだナ!」とも思うことで心の芯をぶらさない練習のチャンスにしている。

 

異様な青空が異世界のように綺麗で光が夢のようで、光に当たりながらぶらぶらしていたら

 

感銘を受けると程広くて綺麗でスッキリした未来のような整然輝き爽快感ある大通りに遭遇して驚き、この感覚を忘れないようにしようとここでピアスを新時代版に付け替え。

 

太陽の方向の向かって歩いていったら土手と川に付き、その土手がまさに天国のような感じで感涙。ぽかぽかあったかいしソラは青いしさわやかな風は吹いているしおじいさんはベンチでボーっとしているし大学生二人が広場で「おしい!あははははっ!」とかサッカーしながら心底楽しそうに笑っているし(友達とサッカーとか考えただけで長たのしい)、若者の純粋な笑い声を久々びさに聞いて感動と感謝が湧き上がる。

マダムたちは息子同然に大切にしているナゾのデカい犬を連れてきて戯れているし、タカは優雅にホバリングしてるし。

芝生に立ちながら「このままなんにもしなくていい、仕事とか出勤とか帰らなきゃいけないとか何にも時間を気にしないで何もしなくていいとしたら、、、、最高に自由で快適でこれが本来の人生だ。そしてその状況を作り出す前の今であってもその「サイコ~!」という感覚を感じることはできる。

 

その後地図アプリに頼らず「いけたらいいなあ」と思っていた地元ローカルスーパーに到着。ウロウロしていたら店員さんがみんなホールフーズ張りにフレンドリーで笑顔が素敵ですれちうひと全員にニコニコでいらっしゃいませとか声をかけていて、しかもその言い方が業務的でなく本当に心からの親しみと温かさをもっていて感動。

すれ違った店員さんがこっちの目を見ながらニッコリぺこりしてくれて、「何だ、、、?何でこんなにやさしくしてくれるんだ。。。。?!?!?!」と混乱するほど感動。この気持ちを忘れないようにコーヒー豆を買った。(初めてスーパーでコーヒー豆というものを買った!)

 

その後時間を気にせず好き放題コーシーやシュークリーム(生クリームが自然な感じでうまい!)を食べながら自分の心に問いながら帰り鈍行か新幹線かを決定。

 

 

 

・実現が早い

東京駅に着いた瞬間に友達から仕事が早めに終わったのでいけるよ!という連絡がありえ!今からいきます!という感じでその10分後には合流してファミレスで爆笑しているという。光の速さで楽しいことが立て続けに起こっている。

 

静岡も東京も天気がよくあたたかく夜もそんなに寒くなかった。東京都民の人は「今日の太陽は昼でも朝日みたいでこんな太陽は今までなかった」と言っていたらしいのでどこにとっても特別な天気だったんだろう。

でも地元はどうせまたイヤな感じの寒さの地なんだろうな~と思っていましたが地元の駅で降りると想定より寒くない!し寒さにいじわるな感じがなくなっていた。

タクシーの運転手さんも異様にいい人でよかったし、思い返せば冬至講演以降ずーーーーーっと楽しい瞬間が途切れなく続いているナ~~~~~と思いました。

 

 

夜も23時までに寝なきゃいけないみたいな義務感と罪悪感が消えており、眠くなったら寝ればいい、寝る時間どうこうでワタシの何かに悪影響を与えることなどできない、というナゾの無双感があり快適だった。

 

 

 

-雑記

Copyright© 宇宙意識の日常 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.