統合とアセンションの4コマ漫画。宇宙開国しようぜ!

宇宙意識の日常

統合

最近のスピ界と「統合」を料理で例える

投稿日:2019年3月26日 更新日:

並木良和さんの講演会を書き起こしてくださったり音声をyoutubeにアップしてくださったりするみなさまのお陰で情報にふれることができました。本当にありがとうございます。講演会音声を何度も聴いていますがこれほど濃く本当の話はほかにないですな。

個人的にですが、並木さんのおっしゃる内容はスピ界の総合のような気がします。

最近の日本のスピ界を料理で例えると・・・

人「ニンジンがどうしてもうまくヒシ型に切れなくて悩んでいます。どうすればいいでしょうか?」

ニンジンインストラクター「それはニンジンに試されているのです。ニンジン瞑想することでうまく切れるようになります。ニンジン瞑想で宇宙と繋がれば、あなたもヒシ型だけでなく星形にさえ、ニンジンをうまく切れるようになります。」

人「星形になんてできるの!?すごい!超能力!」

人「ニンジン瞑想したらだんだんうまく切れるようになってきて、人生が良くなりました!」

 

ジャガイモ界「ジャガイモこそ人生の全て。毎日「イモ最高」と100回唱えるだけでジャガイモ神さまが助けてくれます。」

人「イモ最高 イモ最高 イモ最高・・・」

人「イモ最高を習慣にしたら心が軽くなってきました!」

 

タマネギワーカー「これはほとんどの人がまだ気付いていない情報ですが、日本神代より伝わりし『叡智のまな板』を使えばどんなタマネギでも光り輝き、あなたの人生が好転するのです。」

人「叡智のまな板買わなきゃ!」

人「タマネギが光り輝くことで、人生がとても豊かになりました!」

 

そんな中、並木さんのお話はこんな感じ

先生「皆は、そもそも『カレーを作るVRゲーム』をプレイしてるんだよ。自分でゲームソフトのプログラムを書いて、自分でヘッドセットをかぶって、このVRをやっているんだよ。野菜を切ることがいつのまにか自分の全てになっているけど、『ゲーム内でカレーを作りきってクリアすること』が当初の目的だったんだよ。」

人「料理…?そうか、野菜を切って終了じゃないんだ。カレーっていう料理を作るのか!」

人「この台所はそもそも自分で作ったVRだったのか!」

 

先生「ゲームをクリアしてヘッドセットを脱ぐと、リビングで待ってる家族が見えるよ。家族がいたことも忘れちゃったの?家族のほかにも親戚や近所の人という存在もいるんだよ。ほんとだよ。」

人「家族とかオカルトだと思ってた…。本当にいるの?テレビはインチキって言ってた。」

人「近所の人とか私とは関係ないと思ってました。けど今は近所の人の存在を信じる!」

 

先生「食材をまな板に置いて、このように包丁を使います。そうすると切れます。もっと大きい包丁や皮をむく道具もあり、使い方はこうです。何のためにこの道具を使ったり野菜を切ったりしているかを忘れないで。『カレーを作りきってゲームクリアしてヘッドセットを脱ぐため』に切ってるんだからね。『キレイな形の切り野菜』を作るためじゃないよ。」

人「教えてもらったやり方で切る練習をしていたら、だんだん野菜がうまく切れるようになってきた…!もう料理関係は十分かな。」

人「違う違う、ヘッドセットをはずすまでが目的だった!」

 

先生「カレーを作るには、野菜を切ったあと味付けをして、煮る必要があります。香辛料はこのような種類があり、煮る時は中火で。火を使う時のガスをコントロールしている、ガスコンロという技術もあります。(野菜を切る以外のジャンルも正確に言及)」

人「ガスをコントロール…?今の技術でできるわけがないよ。火は自然に起こるものでしょ。」

人「私たち人間はガスコンロに支配されている!ガスコン論!」

人「野菜を切る界、スパイス界、煮る界、ガスコンロ界は繋がってた、というか『料理』を分けただけの話だったのかもしれない!」

 

・・・というような感じで私は一気に視界が開けた感じがしました。感謝のきわみ。

毎日統合していたら本当に意識が軽くなってすごいですね。今年中に目醒めたいです。

-統合

Copyright© 宇宙意識の日常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.