統合とアセンションの4コマ漫画。宇宙開国しようぜ!

宇宙意識の日常

統合

地球人類演義

投稿日:2020年3月19日 更新日:

 

The salary man

 

 

先々週くらいの話ですが二週間学校等が休校になったため当社も二週間ほど閉校することになりました。会社開けないと聞いた瞬間「え!じゃあその二週間休んでも大丈夫ですよね!」と即座に休みを取得。(奇行を許してくれた会社と職場の皆様に感謝)

顧客に対して会社を開けないだけで引き続ききちんと毎日出勤してきちんと事務処理など8時間勤務するのが普通のようですが私はそんなことをしていたら死んでも死にきれません。いかにこの大型連休を活用するか?長期期間ならではのことをするか?と楽しい計画を立てるので頭がいっぱいでした。

 

結果その期間はIT系の講座で受験生時代レベルの集中力で勉強したり気になっていたサンキャッチャーを作ったりなどなどソーエキサイティングな経験ができました。

 

さらに今週もハワイフェスのためにほぼ一週間休みを取っているのでなんと連続三週間仕事していないことになります。ローマ市民です。

そしてフェスはなくなったので空いた日はまた色々なことをやったり学んだりしたいと思います。

 

ツアー中止のお知らせを見た時は「そうなんだ〜そうするとヒマだな〜何しよっかナ〜〜。えっしかも旅行代金全額返金!?これが臨時収入ってやつかラッキィイイイ」としか思わなかったのですが

同じくツアーに申し込んでいた家族に「臨時収入じゃないでしょ払ったものが返ってきただけでしょ頭大丈夫?」と言われました。

 

こういうことなのかなと思いました。

いろいろな世界観

 

 

ニュース見てない芸人なので恐怖心を煽られるという現実を映す機会をスルーしてしまっているのにウイルスさんから単純に三週間もの休みをもらいました。ありがとう。

 

ウイルスさんを作った存在さん、ウイルスさん、扇動する存在さん、事を為そうとする存在さん、全ての存在を許す存在さん、全てを包括する世界さん、世界を創り映す自分など、

善も悪もない視点から見れば地球の地表付近で人類とか人生とか国家とかいう設定のドラマを全員が一生懸命ワイワイ楽しく演じているだけのようです。封神演義とか三国志演義とかそういう感じで人類演義というタイトルですね。

最終的に舞台袖ではみんな仲良しなんだけど演技で色々やっている(当事者としては演技ではなく一生懸命やっているだけですが)って感じもします。

 

※「演義」…中国の史実を面白く展開させた通俗小説を指す。「演義」は「演技」と関係ありませんが個人的に小説もこの人生もシナリオであり、シナリオであるならその登場存在は全て演技だと思っていること、同音異義語は実際同音同義語であることから「◯◯演義」というタイトルはもう「◯◯演技」と同じ意味だと考えています。

 

お花畑キラキラスピだけでなくいわゆる悪の何々とか裏の何々とか言われているような別視点の概念もきちんと知った上で

その「悪」とされる側も自分自身の反映であり自分もどこかの世界ではその「悪」サイドであることもあるだろうし、「悪の何々ゆるせない!」とスクリーンに突っ込まずに中立姿勢を保ちつつ自分ができる事をやっていきたいですね。

スピリチュアル業界では「いよいよ人類が試される時が来たぜ!」って感じのお祭り騒ぎですね。楽しんでいきましょう。

 

cloy
明日も休みだ!わーい

 

-統合

Copyright© 宇宙意識の日常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.