統合とアセンションの4コマ漫画。宇宙開国しようぜ!

宇宙意識の日常

テクノロジー

未来テクノロジー!

投稿日:

 

 

 

 

 

 

 

「新しい技術を知り、未来をたのしみにしようゼ!」

というコンセプトでいつも探している新技術を紹介していくぞ!

 

 

日経BP 100の技術シリーズ 2020年版より

(★はクロイのコメントです)

 

 

 

・自動警備ロボ ugo(ユーゴー) by Mira Lobotics

交通系・商業施設系の保守・メンテナンスを警備員にかわって行ってくれる警備ロボ。顔がかわいい。

警備員が警備室からPCとゲームコントローラーで操作し、遠隔アバター的な使い方ができる。これまで警備ロボを導入するには施設内にロボ専用エレベーターも導入するなど初期コストがすごかったが、このugoはロボアームがありエレベーターのボタンを物理的に押したり物を持ったりできるので、施設の改造必要なしにすぐに導入できるのがスゴいところ。

★警備はロボが安心正確!いまはモーター音がけっこうするけど、静かに移動できるようになったらそれはまさに理想のクリーンな社会だ!

 

 

・バーチャル一体感

5Gを使用したAR演出可能なスタジオでのライブを中継配信。これから音楽業界内でビックウェーブがくるだろうと予想されている。

★「渋谷未来デザイン」「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」というのがあり、渋谷はアツい。

 

 

・インタラクティブ動画

現状ではインタラクティブ広告くらいにしか使用されるのが主だが、一方的に見るだけでなく選択を手で触れることによりストーリーが分岐したりする動画なんかあったら視聴者の関心はよりひきつけられるだろう。

 

★これが流行りだしたらひとつの動画に分岐ストーリーを入れる必要があり容量が増えるのでYoutuberは作業が鬼だ!がんばれ!

動画や写真がインタラクティブになっちゃうともう一方的に受け取るだけのコンテンツがつまらなく感じるようになってしまいますね。映画とか舞台とか「座って見てるだけじゃつまらないね」となり、コンテンツはどれも参加体験要素を含むようになりますね。

やはり、ひとはインタラクティブ。ゲームはインタラィティブの最高芸術。あとこの世界もかなりインタラクティブ。

 

 

・VRフィットネス

家でVRゴーグル装着でフィットネスバイクを漕ぐことで超楽しく安全に運動できる。VRでは仮想コース(実際の場所・架空の場所両方あり)があり、時刻や天気によって風景が変化する。

自分のアバターの外見や服装、自転車タイプも細かくカスタムでき、プロトレーナーやオンライン仲間と一緒に走ることができる。有名プロロードレーサーと一緒に走るイベントは盛況だった。

 

★これで外に出なくても十分運動できるってもんだぜ!

Aアットホームで

A飽きずに

A安全

新時代の運動は3A(スリーエー)!盛り上がるぞ!

 

 

 

・スマートミラー接客

スマートミラーで化粧品や服などの着せ替え状態、ヘアカラーの色味、眼鏡、靴、サングラスが確認できる。

★そもそも生身じゃなくてアバターだけで生活できるような社会にはやくなってほしいですぞ。

 

 

・ホロストラクション Holostruction

新潟県三条市にある小柳建設と日本Microsoftが開発した現場管理システムである。

これまでは住宅の3次元モデルを作っても2次元のパソコン画面や印刷した上などでしか確認できなかったが、この技術ではホロレンズを装着し3次元のままモデルを見ることができ、ちょうべんり。

★地球が4次元になったので3時次元が扱えるようになったんだね!やったー!

 

 

・VR住宅展示場

VRで住宅を見れるし入れる。

★建てなくていいので自由な発想が可能になるね!

 

 

・フォトグラメトリー

2次元画像から3次元データを生成する技術のこと。がけや岩場等の地形を丸ごと3次元スキャンし、ドローンで実景を空撮し、その映像をコンピューター上で組み合わせることで、空間のデジタルツイン(電子的な双子。現地と同じ広がりを持つ正確な距離感の仮想空間)を生成できる。

近い将来、施設内や自然の空間を本物そっくりのデジタルツインで表現し、その中を本人そっくりの3次元アバター(デジタルツイン)が動き回る体験を誰でもできるようになるはずだ。会議どころか観光すら可能になるだろう。

 

★アバターを生身に似せていく理由は仕事とかマジメな用事で使うためなんだろうけど、個人的にはキャラみたいな外見がいいなあ。せめてアバターでは理想の夢を見させてくれよ。みんなリアルのおっさんみたいな見た目ではなく「金髪猫耳のネトゲキャラ」でマジメな会議しようよ。できるよ。ミンナなら。

 

 

 

 

 

 

 

・マーターポート

建物や展示会などの空間全体を丸ごと撮影し3次元で記録保存できる赤外線スキャンカメラ。

施設の内部を廊下も含めて全部屋を撮影し生成した3次元空間の中を自由に移動できる「3Dウォークスルー」ができる。360度部屋を見渡せるだけでなく素材や装飾品まで細かく確認できる。しかも4K画質。

★ついに記録は3次元へ・・・っ!その次はその動きも含めた4次元を保存・・・っ!

 

 

 

・都市監視AI

上下子水道管等の劣化を自動的に確認し補修をリマインドする。

★もうドンドンまかせてこ!

 

 

・都市OS

トヨタの未来都市「Woven City」

https://kurukura.jp/car/2021-0323-60.html

★これは期待ですね!

 

 

 

・空間ウェブ、空間コンピューティング

VR技術を使って仮想空間を共有し複数人が共同作業をしたり仮想空間上に街をリアルタイムに再現。アーカイブとして保存されたデジタルコンテンツを閲覧すればその場にいたかのように過去の出来事を追体験もできる。

 

バーチャル出勤が普及すれば通勤しなくてよくなるぞ!今は嗜好品としてのVRゴーグルだけど、数年後には「仕事用VRゴーグル」が必須になってくるぞ!

「VRゴーグル」の呼び方は、「ゴーグル」や「ホロレンズ」「○○レンズ」など、VRはあたりまえとしてもういちいち「VR」という言葉をつけないで、機種/商品名・ジャンル名(「タブレット」と同じ感じ)で呼んでいることでしょうな。

 

 

・人工光合成

太陽光を吸収する光媒体によって水を直接水素と酸素に分解する技術。日本は光の吸収率がちょう高い粉末状の半導体光触媒を開発してスゴいらしい。

★水素エネルギー使い放題ってことだよね!?光からエネルギーを取り出す実質フリーエネルギーってことだよね!?

 

 

 

・Beyond 5G・6G

フィンランドのオウル大学は6G白書を公開した。

★もう5Gの先を見据えているのですね。次は7Gですか?いや、社会を動かしているみなさんはもう100Gくらいまで考えているんでしょう。そうでしょう。

 

 

 

 

-テクノロジー

Copyright© 宇宙意識の日常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.