統合とアセンションの4コマ漫画。宇宙開国しようぜ!

宇宙意識の日常

統合

時が流れていた

投稿日:

 

 

先月「一秒たりとも自分を飽きさせない」という行動指針を立ててから毎日充実しており、気付いたら一ヶ月が過ぎていました。

 

毎日違うものを食べたり中国語をかじったりごま油を大量に飲んだり新たなお菓子を作ったり音楽ソフトをついに開封したりお絵かき用のipadを買っちゃったりコルギを受けてみたり小学生ドリルに手を出したりしていました。

 

初めて行うことがあるとその時間は長く感じ、それを行う前のことは昔に感じられます。

今現在にのみ生きるために過ぎたことは思い出さないようにしている(そして記憶がなくなっていく)のですが、楽しいことは思い出してもいいことにしています。

その楽しいことを思い出したときに「あれ?もしかしてこれは今朝の出来事かもしれない。ずいぶん昔の出来事のような気がするなあ」と感じるのです。

 

 

あと気づくと結構常に何か考えているものですが、取り急ぎその思っている内容を100%楽しいことで占めさせるように心がけています。

 

「私は今楽しいですか?」

→はい

→いいえ

 

とファミコン風選択肢の画面を想像しながらできるだけ毎秒自分に問うことで思考を軌道修正するよう心がけるのがマイブームです。

ゲームの主人公をコントローラーで動かすように自分の思考も操作する感じで、自分に自分で命令を出します。私は極度の天邪鬼なのですが自分からの命令だと反発せず従えるところもグッド。

命令はこのような感じです。

 

→はいの場合

ならヨシ!Go ahead.

 

→いいえの場合

その楽しくない体感を統合してから今一番楽しい選択をしろ。状況的にできないなら楽しいことを考えるか今存在していることに幸せを見出すか空気があったり目が見えたりすることに感謝しろ。奇跡的久々に晴れた日の青い空を思い出せ。

 

 

歩いている時やお皿を洗っているときなど、気づくとイヤなことを考えてしまっている時がありますが、それに気付いたら上記の思考操作を行います。

納得できる段階まではまだまだですが…。

 

 

ということで今選択できる中で最も楽しいこと・今日死ぬとしたらぜひともやっておきたいことを実行するようにしました。

その結果今はドット絵を打ったり効果音やBGMを作って映像にあてはめたりして楽しんでいます。こういうことが昔から好きだったのですが今でも時を忘れて没頭することができます。

その作業をしていない時でも「あそこはこうしよう」「あそこには何を合わせよう」などと考えてるだけでワクワクがとまりません。こういうのをいわゆるあの「ワクワク」というのでしょうか。

 

バシャール
呼んだ?

 

 

これまでは「こんなことに時間を費やしてもなんにもならない」「その時間を何か資格とかの勉強にあてたり税制度の本を読んだりした方が後々有利なのでは」というようなことを考えてしまい、思い切りやることを抑制していました。

しかし今は以下のようなスタンスになっているので何も気にせず行動しやすくなりました。

 

「この映像の世界は幻想らしい。それが嘘か本当か突き止めることはできないしどちらでも構わないが自分はそう信じたいから自分の認知世界ではそういうことにしている。

(思い込みだったとしても)いまここに自分という思考が存在していることだけは確かだといえ、体感だけが自分の体験だとしたら、覚えてないけど数多の世界で数多の人生体験をしてきたし今後もする機会があるとしたら、もうシンプルに今楽しいことをやるだけだ。

だってこの人生で経済的にコケたとしても死んだらリセットできるし、さらに「ワクワクに従っていけばなるようになる(なんかいい感じになる」という保険もあるし。わーい。」

 

cloy
我思う故に我有りでしかないわ。本当に
デカルト
だから言ったじゃん

 

 

ということで引き続きタノシーことだけ思考していきたいと思いまth!

 

 

-統合

Copyright© 宇宙意識の日常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.