統合とアセンションの4コマ漫画。宇宙開国しようぜ!

宇宙意識の日常

雑記

ガチ勢のUV対策 2020年度

投稿日:2019年7月27日 更新日:

 

究極の紫外線対策

筆者近影

 

(振り向きざまに)「UVカットじゃない服って・・・着る意味あるのかな。」

どうもUV避けすぎ芸人です。最近では職場で「UV警察」というあだ名がつきました。

 

私は紫外線に反応して顔のホクロが増えていくという奇病をわずらっており、現段階ですでに十二星座全パターン描ける星空レベルのホクロをもつ人間です。これ以上増えたらホクロ占い師が逃げ出してしまいます。

これまで以上に紫外線に気をつけたい!ということで、突然ですが今年に入ってさらにバージョンアップした、個人的にやっている紫外線対策を紹介したいと思います。

※これはやりすぎの例です。部分的に参考にしてください。

 

2020年5月更新

 

もくじ

概要編

マインド編

室内編

(カーテン・日傘・メガネ・スクリーン・日焼け止め)

屋外編

(日傘・帽子・サングラス・フェイスガード・ネックガード・UVカット服・手袋・インナー・トレンカ・靴)

サプリ編

(飲む日焼け止め・リプライセル・ビタミンC、E、マルチビタミン・赤いお茶・トマトジュース・水)

化粧品関係編

 

概要編

このあたりの内容は知らないと損かもしれない。

光老化について

http://www.yamaguchi.med.or.jp/g-med/ube/consultation/049.html

紫外線や日焼け止めについて

https://ameblo.jp/rik01194/entry-12011378500.html?frm=theme

https://ameblo.jp/rik01194/entry-12028116973.html

https://ameblo.jp/rik01194/entry-12035093378.html?frm=theme

近赤外線について(気にしすぎもよくないが知らないよりはマシかなと)

https://www.cosme.net/beautist/article/543752

https://news.livedoor.com/article/detail/6977268/

 

マインド編

大前提として「絶対に100%ガードする!1ミリも浴びない!!」とガチると生きづらくなるので、「ノーガード時よりは断然マシになるしUV対策の試行錯誤たのしいナ!しかもこれでどんどん若返るぞヤッタ〜!」という加点式のポジティブな気持ちで行う。

究極の紫外線対策

たのしい紫外線対策のイメージ図

 

室内編

一日の大半を過ごす室内こそ対策だ!

■カーテンは遮光1級に

レースカーテンはUVカット率の高いもの(これは気持ちの問題)、布のカーテンは二重にする。遮光1級カーテンの上から、好きな柄のカーテンをかける。これで気になる光をカットしながらもお気に入りの空間に!物理的にカーテンを二重にしているので遮光性はさらに爆上がりだ!

このように ひとつのリングに無理やり二つカーテンをかけることで、簡単に二重カーテンに!(自己責任)

家族や同居人に遮光から反対されたりして思うようにいかない部屋もあるかもしれないが、せめて寝室や長時間いる部屋は希望を通そう。私の実家は壁より窓が多いうえに家中カーテン開けっ放しの直火焼き御殿(頭おかしいですね)のため、なるべく完全遮光の自室にいることにしている。

 

■家でも日傘

遮光カーテンを採用できない場合、窓に近寄るときは日傘をさす。親骨60cmの大きいサイズが守られてる感があってオススメ。ソファやPC周りなど長時間座る場所に日傘を設置しよう。私は窓辺のPC席用、職場の休憩室用、車置き用、外用などで大小6本の日傘を手持ちポケモンのように場面に応じて使い分けている。

ちなみに室内で日傘をさしているとなぜか必ず怒られるので、理由をしっかりと説明しよう。(ちなみに、説明するとなお一層怒られる。なぜだろう。人のことは放っておけばいいのにね。)

 

■常時JINS PCメガネ

別にJINSでなくとも構わないが、紫外線もブルーライトも可能な限りカットするダテ眼鏡を常にかける。職場ではPCや窓からの光、家では階段やちょっとした窓からのうっかり光をガードしてくれる。

■スクリーンの光

自分が接する全てのスクリーンの照度とブルーライトを最低レベルにする。iphoneなら常にNight Shiftモードのマックス暖かい色温度に。PC系は、f.lux(色温度調整フリーソフト)を最高色温度でかけ、インストールできるならNyoiscreen(フリーソフト)でさらに黒いフィルターをかけて限界まで暗くする。めにやさしい。

■家でも日焼け止め

もはや常識だが、家の中であろうと最低限顔・首・手には日焼け止めを塗る。しかも気が向いたら塗りなおす。

■窓の側を通る時は手で顔を隠す

窓からの光でも光は光。そのときに日傘を持っていなければせめて手で物理ガード。

 

屋外編

「外出は日が沈んでからにする」「そもそも家から出ない」という力技も存在する。

■日傘

遮光99~100%の日傘をさす。外側が白、内側が黒が望ましい。自分のテンションが上がる色形のものを使おう。さす時に手に光が当たるのが気になる場合、骨の上のほうを持って傘の高度を下げ、遠目では歩くきのこレベルで傘と一体化する。

言うまでもないが基本的に日陰のみを歩く。小学生の時の「落ちたらワニに食われるぞ~!」とかいう横断歩道の白い線だけ渡るゲームの「出たら光に刺される」バージョンだと思って楽しく歩こう。

 

究極の紫外線対策

 

■UVカット帽子

日傘をさせない運転中にかぶれればベストだ!ちなみに私は別に被ってない。

(→2020年度 遮光100%カットの帽子を買いました。芦屋ロサブランというところのグッズです)

■UVカットサングラス

通勤や運転中に使用。このページなどを参考に、最高レベルとされる「UV400」のものを選ぼう。ただしあまりレンズが暗すぎると光を得るために瞳孔が開いてしまうらしいので、そこそこの明度のものを。

電車通勤でサングラスをかけられないよ!という方はJINS PC(UV99%カット)を。UVカット機能つきコンタクトも併せれば目の防御力は夢の120%台に突入だ!

 

 

■UVカットマスクもしくはフェイスカバー

個人的に今はコレを採用している。100%遮光を信じることであんしん感を得る。普通のマスクに近い形状なので、黒いフェイスカバーをしている時よりも忍者と間違えられずに済み、本格的なフェイスカバーをしている時のようにいちいち外さなくても色々な店に入れるのが個人的に助かる。

■首にはネックガードやフェイスガード

スポーツ用のこういうのなどは冷たいし黒いしで違和感なくつけっぱなしにできる。自転車や車の運転時に。

(→2020年度 98%カットストールを買いました。これも結局芦屋ロサブランです。ステマではありません)

 

■UVカット服「ラッシュガード」

なにこの夢の服。私は先週までラッシュガードという服の存在を知らなかったが、今年から冗談抜きで一生着続けるであろう。

ラッシュガードとは、水着の人が海辺で羽織る超UVカットパーカーである。もう「UVカット パーカー」とか「UPF50+ パーカー」で調べてもユニクロ以外いっこうに出てこない自分を卒業だ!いますぐラッシュガードで検索してUVフリーな生活を!ラッシュガードは袖が長いものが多く、アームカバーを兼ねることもできる。すばらしい。

ちなみに個人的には「紫外線99.9&カット!!」とだけ書いてあるものではなく、「UPF50+」という表記がきちんとされているものを信用している。

(意気込んで買ったラッシュガード、生地が思いっきりスポーツ的な感じで日常使いできなそうだったので運転用とした。・・・。)

追記:ラッシュガードの上からオシャレなゆったり被る系の服を着ればUV対策&ファッションの両立が可能なのではないかと思う。

 

■UVカット手袋

私は常にラッシュガードやUVカットパーカーなどの長袖を着るのでショート手袋をしている。腕を出す服装をする方は長いアームガードを。

UVグッズに定評があるとされる芦屋ロサブランにはUVカット100%のアームカバーがあるが、残念ながら指先まで覆える手袋形は今のところなかった。今は妥協してコレを使っているが手のひらの面がメッシュですずしい。ちなみに夏以外は常に合革の手袋をしている。

 

■UVカットインナー

インナーまでUVカットにこだわりだしたらいよいよ終わりだと自分でも思うが、なんとユニクロでUVカットインナー(UPF40)を見つけてしまったのである。

商品説明に「50回の洗濯でもUVカット機能が落ちない」とあるということは「洗濯50回くらいあたりで機能終了」ということであろう。長距離運転や大自然に行くときなど、ここぞという時に着ようと思う。

 

■UVカットトレンカ

これもラッシュガードの一種。衣服系は洗濯のたびにUVカット機能が弱まるため、毎夏買い替えられればベストか。

(意気込んで買ったトレンカだがなんかサーファーの足元みたいな感じで微妙だった・・・。でも履く。)

 

■靴は年中ブーツ

完全遮光である。夏だからサンダル?いいえ、夏だからブーツ。私は10年間ブーツ以外の靴を履いたことがないが、今のところなんの健康被害もない。どうしても夏だからサンダルを履きたい方は、1時間毎に日焼け止めを塗ろうね。

 

サプリ編

サプリは半分以上プラシーボ効果だと思っている。

「これはとてもすごい有効成分がとてもすごく満載で身体の隅々までとても若返りが止まんねーぞ~!!ウッヒョ~!!」必ず自分を洗脳しながら飲むこと。

 

■飲む日焼け止め

医学的根拠的にも成分的にも製法的にも微妙だと思うが、これはもう単に気持ちの問題だ。

私は「これで紫外線は無効」と思い込むための精神安定剤としてwhite veilを5年くらい飲んでいるが、色々な方が色々な飲む日焼け止めの比較をされているので、自分で調べて納得したものを選ぼう。

 

 

■リプライセル

美容業界では定番の超効く液体ビタミンC。朝起きた直後と夜寝る前に2袋飲むのが最強、もしくはそのどちらかで一日1袋とされる。私は紫外線を浴びたなと思う日は2袋、普段は1袋飲んでいる。

(→2020年度 全く足りていなかった。ビタミンCは一度に2g程度を数回に分けて一日6~10g取るのが理想。リプライセルなら一日10包、一ヶ月で300包が必要だ。)

 

かれこれ5年くらい飲んでいるため、もう「肌がワントーン明るくなりました!」みたいな劇的な変化はないが、ほとんど精神的お守りとして使っている。非常にマズいため飲み方に工夫が必要。定番はコップの水に入れて飲む方法だが、私はさらに超画期的な「直飲み法」を発明した(自慢)。

リプライセル 飲み方

 

■ビタミンCとE、マルチビタミン

これも粒の大きさや粒数など、自分で飲みやすいものを選ぼう。私は喉が狭いため粒の小さい「ディアナチュラ」のやつしか選択肢がなかったが、この辺りはかなり改善の余地かある。

サプリというものは大体ビタCよりもブドウ糖やらデキストリンやら麦芽糖やら飲みやすく成型するために必要な他の成分のほうが多い。これらの添加物を大量に摂取し続けてもいいかを自分に確認してから飲むか、納得できる原末を探すしかない。

 

 

究極の紫外線対策

 

■ローズヒップ・ハイビスカスティー

ビタC取れそうなので外から室内に入った時に一杯。気が向けば職場でも一杯。これは色も赤いし、さっきの紫外線をなかったことにできる(俺ルール)。感覚的には遊戯王の死者蘇生、ドラゴンボールの仙豆、ジョジョの話の切り替わりくらいの刷新感を意図しながら飲む。

 

■トマトジュース

リコピンよさそうという精神的お守り。とくに夏は朝晩外コップ1杯飲み干し、自分の中で紫外線ダメージをなかったことにする感覚的にはまさにマキシムトマトである。ポケモンなら まんたんのくすり、ドラクエならベホマズンに相当する意図で飲む。

■水

肉体の回復を早めるとされる。一日水だけで2リットルをノルマに、職場に1.5リットル持参して退社までに飲みきる。サプリを飲む時に多めに飲むと完飲しやすぞ。

 

 

化粧品関係編

美容雑誌読まない星人なので正直ここは情弱だが、とある個人の体験談として。

■日焼け止め

これはもう様々な方が比較記事や動画を上げているので「日焼け止め 最強」などで検索して肌に合うSPF50 PA++++ものを選ぼう。私は肌が弱く強い日焼け止めを塗ることができない分、遮光マスクやサングラスなどの物理で防御する方針。

■下地

個人的には「セザンヌ UVウルトラフィットベースN 01」と「セザンヌ 皮脂テカリ防止下地 ライトブルー」を使っている。ただの王道だ。せっけんで落とせるのがうれしい。UVカット率は低いので、その分上から粉系を重ねて対応する。

■ファンデーション

UPF50 PA++++のものを。今は「セザンヌ UVシルクカバーパウダー 01ライト」をファンデとして使っている。そして外出する時は1時間ごとに厚塗りを重ね続ける。透明感とか素肌メイクとかいっている場合ではない。

 

■唇もUV

正直唇は盲点であった。私は赤が好きなので「リップザカラー リップティン プレシャスレッドSPF26 PA+++」を使っているが、現時点(2019年7月)調べた限りでは「THREE リップコンシャス プロテクター」のSPF35/PA+++が一番カット率が高かった。UVカット機能を求めると、「口紅」というよりは「色つきリップ」という形になってしまうのが個人的に微妙。うるおいとか考慮しなくていいからゴリゴリにUVカットしてくれ~。「UVカット 口紅」などで検索して自分に合ったものを選ぼう。

 

■UVカットスプレー

Youtuberがおすすめしていた「紫外線予報 透明UVスプレー」を使っている。顔、髪、身体と全身に直に吹きかけて使えるうえ服についても白くならないのが最高。効果の程は測りようがないが、これはもう気持ちの問題である。精神的お守りの一種として玄関と車に置き、家を出る時、車に乗る・降りるときに髪と顔にかける。ミルタンクの「ころがる」のように、かけるたびにUV防御力が倍々ゲームで増えていく・・・!という気持ちで。

 

■洗顔

特に夏は氷水で洗顔するか、氷を顔に当てて冷やすことで日光を浴びた肌のクールダウン&毛穴引き締めを行う。

■化粧水・乳液

現時点ではFANCLが美白にいいと聞きお試し中。「美白 化粧水」などで検索したり試してみたりして自分が納得するものを使おう。安いものを気兼ねなく使いたい時、顔ほどでもない手や腕などにはトラネキサム酸入りの「肌ラボ 白潤プレミアム」乳液を使う。

■メラノCC・HAKU乳液

美白業界では超定番。化粧水のあとに毎日これを塗布する。日常使いにメラノCC、メラニンの抑制に命をかけたい数ヶ月はHAKUを。

ただこのような美白系のものよりもシンプルにセラミド入りで保湿できるものを使った方が肌の基礎体力が保たれる説もあるので、気分で交互に使っている。

 

そもそもの話

■上記を一年中行う

紫外線対策とは、生き方そのものである。

by紫外線避けずぎ芸人

あとそれより根本的な姿勢と呼吸と食生活の方が大事。

 

■太陽と光に感謝

適度に太陽光を浴び、陰陽のバランスを取ること。私は朝一番と外に出たとき最初の5分くらいは前向きな気持ちで日光浴を行っている。

日光浴は様々なやり方があるが、私がやっている方法は、両手のひらを上にしながら全身に太陽光を浴びつつ、太陽を10秒ほど直視(曇りでも)。このとき「太陽からとてつもなく良い陽のエネルギーをいただいている・・・これでフル充電だ!太陽さんありがとう!今日もケンコーだ~!」というようなことを意図する。これで骨密度もOK(ということにする)体内時計も整いまくりだ!

 

■情報源

書籍、美容雑誌、ネット(美魔女 美容法 紫外線対策 UV対策などで検索)、YouTube(美容系youtuberや、youtubeで紫外線対策 美白)で検索など、できるだけ間口を広げて情報を得て、直感・成分的根拠・ただ単にやってみたいなど、自分が信じられるものや惹かれるものを試して、納得のいく紫外線対策を見つけていこう。試行錯誤する過程もまた楽しいものです。

 

cloy
以上です!

 

 

-雑記

Copyright© 宇宙意識の日常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.