アトリエ開設したっ!

 

 

●流れに乗ってその場でホイっとアトリエ開設した!

そして音楽も出品した。

こんなにポコっとあれっ!?という間に達成できるんだ。

 

アトリエもちたい!

音楽と絵出品してみたい!

を一瞬にしてクリアしてしまった。こんなカンタンに。

 

やったぜいー!もしかしたら大半1月中にくりあできるかもしれん。

いやそのつもりで行こう。Don’t wait. Go straight.

どんどんやってこう~!

 

 

●宇宙文明のラジオ!

宇宙時代の記憶を持つ人の発信に出会ったっ!ホンモノを見つけた!!!!と感動してすぐ1111円寄付した。

数時間後、以前出品してた1111円のゲームが売れた(マジで)。

1111円がそのまま戻ってきたうえに、同時にもう一本ゲーム売れたのでプラス1200円くらい入ってきたことになる。

 

 

 

●寄付絶対それ以上返ってくる

あと楽器とかを売ったら5000円と3800円と3800円で合計12600円。アフリカに物品寄付送るのに11100円(これも1多いな)払っていて、ちょっと自分のいまの規模感ではやりすぎだった。。と思っていたが、のちにその額に少し上乗せして戻ってきたことになる。

 

あといまよくよく考えたら国内に3000円寄付した後、まったく別件で現金3000円もらってた。あと15000円もらった。

あれ?まてよ。絶対返ってきてるよなコレ・・と。

 

おもしろいなあ。

 

これは循環の法則を自分に納得させるために自分で起こしているんだろう。

どんどん富かさを循環させていきたい。いまの規模でできる範囲で、気負わない範囲でいろんなところに応援を送りたい。お金という形で直接応援できるなんてお金はなんて便利なんだろう。素敵な存在だなあ。ありがとうー。

寄付という概念を人生に取り入れ、より一層豊かな体感の機会を増やすことができた。ハオ!

 

そのうち、寄付するのに1万円台なら余裕、3万円余裕、5万円余裕、、、、10万円余裕、100万円台余裕、くらいに拡大していきたい。1000万円単位で支援できる自分に満足、ここまで意識を拡大させたことに満足だなあ。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

●カンディンスキーの「コンポジション」がやっ至高ぱ至高

絵画から具象の要素を消した「抽象絵画」の概念

 

  1. インプレッション(印象)

    外的なものの印象を表現したもの

  2. インプロヴィゼーション(即興)

    人の内なる感情や記憶を表現したもの

  3. コンポジション(作曲)

    心の中で形作られた感情を色彩と造形で表現した、彼の集大成

カンディンスキーの「コンポジションシリーズ」10作品。中でも《コンポジションⅧ》は傑作。

コンポジションシリーズには主題がなく、タイトルには番号が振られています。

 

 

カンディンスキーにとって、絵画は音楽のようなものでした。

幼い頃からクラシック音楽を愛し、色を音として捉えることができる「共感覚」を持っていました。そこで、音を色で表現し、リズムを形にした創作をはじめます。

色も音楽と同じようにハーモニーを奏でることができる。つ絵画には主題がなくても色と形で表現することができる。音楽のように心に直接響き、魅了される作品を追求したのです。

 

具体的に何が描いてあるか分からなくても人を感動させることができると確信した。

キャンバスの中に上下の概念があって初めて、何を描いたものなのかが理解できるもの。しかし「それを無視した作品があっても良いのではないか」という考えが生まれた。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

コンポジションみたいなことを金で、自分でできるとしたら・・・めちゃウレシー!!アンビリーバボーだ!やってみたい!

だからそれに近い選択と行動をどんどんしていこうぞ。

 

 

・・・・・・

●幾何学パターンやってみたい!

22を超えていけを知った時から幾何学をキャンバスに書き綴りまくるだけの生活をしてみたかった。本当になるなんて!さっそくかじってみよう。小さなことからな。

マイ・パターン・ワールド | パターンがなければ創ればいい!30歳で脱サラした絵描きが綴る、楽しむことを諦めきれない大人のためのブログ
パターンがなければ創ればいい!30歳で脱サラした絵描きが綴る、楽しむことを諦めきれない大人のためのブログ
Zak Korvin
I draw stuff and think about stuff. 👽